2014年 03月 18日
志免町の家(仮)
足場解体。





どうやら、消費税問題の悪影響は想定以上らしい。
(一説には、いまだ震災地に職人の手が奪われているという話もあり・・・定かではないのだが。)

今回、仕事を組むのが初めての施工会社ということもあり、基礎工事~木工事と、ほんとにイライラしっぱなし
の監理業務だったが、ようやく足場の撤去も完了し、4月中旬の完成引渡し目途がなんとかついた。

f0172183_15551758.jpg

大工さんの手は決して悪くないが、どうもいつもの仕事と勝手が違うらしい。。。
現場状況や監督さんの性格・段取りの仕方、又はその職人が持ってる技術・感覚に合わせて、
設計内容も、状況に合わせるかの様に微調整と変更(改良?)を繰り返しつつ対応していく感覚を
久しぶりに思いだした。 そうだった・・・建築現場はチームの仕事だった。

次は、少し残ってる木工事と内装。 なんとか皆で十分満足に引渡しできるレベルに持っていこうぜ。
(まあ、でも、終わるまで相変わらずイライラするんだろうなぁ~)
[PR]

by ysstudio | 2014-03-18 16:11 | 現場 | Comments(0)


<< between house      between house ←... >>