2015年 03月 12日
周南の家(仮)
バランス感覚とモチベーション





先日エントリーした「下松の家(仮)」の少しあとに着工した住宅が、無事上棟を迎えました。

市街化調整区域という、法規制上、本来建築できない場所でしたが、
様々な諸条件を時間を掛けてクリアした結果、やっとGOサイン!

あきらめず奮闘して頂いた関係者の皆様と、温かく見守って頂いたお施主さんには「感謝」の一言です。

どのお施主さんにも申し上げている事なのですが、単発的に好きなものを選んで組み合わせることは簡単で、
それは、なにもプロでなくとも誰にでもできる作業なのかも知れません。 

そして、「いい建築をつくる」「心地よい空間を構成する」という事は、常にバランス感覚を意識しながら、
例えば「素直に完結されたひとつの物語をつくる」というようなイメージに等しいのではないかと考えています。

これは、単に「予算がある、なし」の問題ではなく、いかに全体像を見渡せるモチベーションを保てるか、にかかっています。  これが難しい!

全体像を見渡せる唯一のポジションとして、決して言葉にはしづらいイメージをくみ取った上、バランスの良い、
且つ、丁度具合の良い建築を目指して、これから竣工まで、また僕がバトンを受け継いでいかなければなりません。

f0172183_1749488.jpg

因みに、この中庭が出来れば、目の前の山頂と空だけが切り取られる予定です。

f0172183_17501192.jpg

屋根断熱を採用していますが、通気の為のスリット加工も施しています。

f0172183_1750204.jpg

そして、既製のシステムキッチンの予定が、施主奥さんたってのご希望で製作キッチンの見積りをする事に・・・
f0172183_18169.jpg

久しぶりの製作キッチンでデザインする側は勿論楽しいのですが、はたして実現するのか・・・ 楽しみです。
[PR]

by ysstudio | 2015-03-12 18:11 | 現場 | Comments(0)


<< ひさたに整骨院/Therapi...      下松の家(仮) >>