2015年 03月 07日
悲しい訃報
昨日の事でした。





心の準備はしていたものの、その知らせを聞いた時、さすがに胸がつまる思いでした。

知りあってからほんとに短い期間だったけれど、たまに会う度、何故か気にかけて頂いた記憶があります。

人に妬むことなく、完璧なキャリアにも関わらず決して驕らず、飾らず、誰に対しても常にやさしい笑顔を見せる事ができる人物でした。

人間としても建築家としても、誰よりも心から尊敬できる先輩です。

今は歌声と笑い声が耳に残っているけれど、ほんとは、もっと、いろんなことを話したかった、教えて欲しかった・・・

聞けば、5日は本人の誕生日だったとのこと。  でも、まだ56でしょ・・・なにやってんすか!


明日、最後、皆でまた会いに行きます。
[PR]

by ysstudio | 2015-03-07 23:55 | その他 | Comments(0)


<< 下松の家(仮)      白い季節 >>